森のTERRA terra97.exblog.jp

異次元トラベル

時々・・・白昼どうどう睡魔に襲われる
「ああ・・・眠い・・・」
心地よい誘惑に引きずり込まれると
目の前にクルクル回転する光の輪が現れる
まるで光のマンダラ
とてもきれい
そのうちブ~ンッとすごい音と共にGがかかって
ものすごい勢いでその光のトンネルを飛んでる
しばらく飛んでいると徐々に減速して
目の前にカメラのシャッターのような丸い窓が現れて開く
丸い窓の向こうには見知らぬ世界が広がっている
次の瞬間、窓の向こうの世界に入り込む
巨大な樹が立っている
なんて立派な美しい樹だろう
なつかしいような心地よい感情が湧いてくる
でも周りを見渡しても何にもない
生き物の気配がない
美しいのになんだか変な世界
光と闇の狭間
しばらくボ~ッとしていたら
人影が現れる
地底人!?
お話しようと追いかけたけど
あっという間に姿が見えなくなってしまいました
・・・・・・
時々違う世界へ旅行しています
自分の意思で行くというより、連れて行かれるという感じ
意味がよくわからないことが多いのですが
ああ楽しかった・・・という感覚です
[PR]
by terra97 | 2009-06-13 22:11 | ひとり言 | Comments(0)