森のTERRA terra97.exblog.jp

八ヶ岳の森の中に家族7人で暮らしています


by terra97
プロフィールを見る
画像一覧

恐れについて

恐れについて

ネガティブな感情に捕らわれた状態や繰り返しパターンの根底に
その方が真実のその方になってゆくことへの「恐れ」があります
私のワークでフォーカスしている「恐れ」とは、感情として湧いてくる恐怖心ばかりでなく
人間としてのありとあらゆる活動の根底にある闇の要素
心と体をカチコチにしているようなものを示しています
恐れから発生するものは様々です
手放すことができない怒り、悲しみ、不安、緊張…
信じることができない、愛することができない、受け入れることができない、赦すことができない…
豊かさを受け取れない、健やかさを受け取れない、自分らしく存在することができない…

恐れはその人がその人らしく輝くことを阻みます
何故なら、闇と向き合う以上に光を受け取ることは怖いこと
私たちは自分らしく輝くことや自由を願うと同時に、実は何よりも恐れているのです

その時その人が受け入れることができない恐れ(闇)は肉体にしまい込まれます
やがてその人がその闇を受け入れる時がやってくるまで

もしも恐れがなくなったら
心も体も軽やかで心地よく一点の曇りもなく
愛と喜びにあふれて自由自在に自分らしく存在することができるでしょう
しかしそれはもはや人間であることも生きることも必要としなくなった状態
私の中の恐れは私が私らしくあることを阻むと同時に
私が私らしく生きることが何なのかを教えてくれるものでもあります
もしも恐れがなくなってしまったら
私は私の中の無限の可能性を受け取るすべを見失ってしまいます

ありがたいことに
私たちが人間として生き続ける限り
恐れはなくなりません

恐れを手放してゆく生き方とは
恐れを受け入れ、それを乗り越えてゆけるようになるということ
恐れをよろこびと生きる強さに変えてゆくということ
つまり恐れを自己のよろこびの創造の原動力にして
どこまでも自分らしく思うままに生きるということ

恐れは心と体の痛み、生きる痛みとして現れます
心と体の声に耳を傾けて、ありのままに受け入れると
次から次へと恐れは浮上してくるかもしれませんが
恐れは浮上したそばからよろこびと生きる強さに変わり
命の輝きとなってその人の心と体から放たれます

ネガティブな状況がなくなれば幸せになるのではありません
恐れがなくなれば自由になるのではありません

どのような状況に直面しても与えられた状況の中で
私ができる最善を見つめ、それに挑戦する強さを持つこと
つまり恐れがその人に秘められた無限の可能性を引き出すカギとなるのです
恐れはその人がその人になってゆく道しるべであり
恐れを手放してゆく生き方とは
恐れからよろこびを創造するということ
恐れを手放す必要がなくなるということなのです
その時、その人にしかできない唯一無二のその人らしい在り方が現れます

私は私のよろこびを知り心も体も私になってゆく
この地上に肉体をもって創造的に自由に生きるということ
私が宇宙から祝福された幸せな存在であるということに気が付くということ
[PR]
by terra97 | 2013-02-08 08:34 | 各種セッション | Comments(0)