森のTERRA terra97.exblog.jp

八ヶ岳の森の中に家族7人で暮らしています


by terra97
プロフィールを見る
画像一覧

森の創造療法~Self Creative Therapy~


f0006208_15254092.jpg
森の創造療法~Self Creative Therapy~

八ヶ岳南麓標高1100m約1000坪の森が森の創造療法のフィールドとなります

創造療法とは、リーブス主宰仲裕美子氏によって開発され
自分らしく人生を切り開いてゆきたい、現状で起きている問題を学びに変えたい、自己実現したい、創造的な生き方を願う方の、自己成長と現実化のサポートとして大変パワフルなワークです

人は本来宇宙の創造の一部を担う存在であり
真実の自己を生きることによって、自己の中に潜在する無限の可能性を創造します
人生で出逢う様々な人や出来事から現れる光と闇は、私たちの学びと成長の糧となり
光と闇が統合したところに、その人の真実が現れます
創造とは、その人の真実から唯一無二のその人という叡智を世界に生み出すことを言います
個の真実の創造が、全体の創造へと繋がり広がって行きます

創造療法では、その人の創造性を育む行程で
描く、体を動かす、砂の箱庭、自己との対話、瞑想、カウンセリング、ボディワークなど様々な手法を用いて
ご自分の潜在意識や無意識層にアクセスし
自分が何を願っているのか、どうしたいのか、何が出来るのかをイメージとして心と体で表現し受け取ることをお手伝い致します
イメージとして心と体で表現したものは、現実化してゆきます
私達は自分が真に願っていることを受け取った時、それを現実化してゆくことが出来ます
それは、心と体を使って魂の願いと繋がることであり、人生で出逢うありとあらゆるもの、目に映る全てのものから自分を知る作業でもあります
自分を知るほどに、自分の無限の可能性に感銘し、自己受容を深め、この世界に起こる光も闇もすべて等しく尊く必要として存在していることに気付きます
自己の内面の成長に伴って、目に映る世界が変化し始めます

創造療法のセラピー中、セラピストはバイフォーカルビジョンという状態でクライアントと空間を満たし
一切のジャッジメントのない無条件の受容と癒しの存在感で見守ります
全ての答えはクライアントの中にあり、正解も間違えも善も悪もなく、その人が感じる経験する全てに大切なメッセージがあるという絶対的な肯定で
クライアントが自分という枠から自由になり、自己の霊性や神性とアクセスすることを可能とします
そのため、創造療法には規定のマニュアルはなく、セッションそのものがなすがまま自由によろこびのままに創造的な活動となります
このようなセラピストの姿勢や存在感によって、短期間で確実な変容のお手伝いを可能とします


<このような方にお勧め致します>
・自分は誰なのか、何を願っているのかを知りたい、自分らしい生き方を見つめたい方
・自己実現しながら、社会に貢献する生き方を願う方
・自分の中に潜在する無限の可能性を受け取り、創造的な生き方を願う方
・出口の見えない真っ暗闇を彷徨っているような状態から、人生を願うままに切り開いてゆきたいと願う方
・大きな変容や覚醒の後の状態を受け取り、これからの方向性を見出すサポートとして


<ワーク費用>
・森にて対面セッション:90分 15000円(税込16200円)
・スカイプ遠隔セッション:60分 15000円(税込16200円)
・3回のセッション:35000円(税込み37800円)


<お問い合わせ方法>
下記お問い合わせメールまで、お名前、生年月日、今の状況やご希望等をお送りください
初めての方は、まずはコンサルテーションをお受けくださいますようご案内致します

お問合せメール morinoterra@gmail.com


創造療法は、サイレントセラピーの要素があり、心と体で表現したことを分析したり説明して意味を持たせるという事を極力行いません
理解できるカタチに制限しないことによって、無限の可能性をそのままにその人が自由に受け取り現実化してゆかれることを大切にしています

心と体の赴くままに無邪気に描いたり、体を動かしたり、砂に触れたり形を作ったり…
幼いころの遊びの世界には、魂のよろこび(創造の源)との触れ合いがあふれています
創造療法をしていると、森の精霊達や、天使や龍が遊びに来ます
木々を渡る風の音や、木洩れ日のきらめき、土の匂い
いろんな葉っぱや可憐な草花、虫や動物の気配…
森羅万象とひとつであるところの自分に還って、唯一無二の素晴らしいご自身の可能性を受け取ってください
ひとりのよろこびから世界のよろこびが広がって行きます






[PR]
by terra97 | 2015-06-04 15:26 | 創造療法 | Comments(0)