森のTERRA terra97.exblog.jp

異次元トラベル

時々・・・白昼どうどう睡魔に襲われる
「ああ・・・眠い・・・」
心地よい誘惑に引きずり込まれると
目の前にクルクル回転する光の輪が現れる
まるで光のマンダラ
とてもきれい
そのうちブ~ンッとすごい音と共にGがかかって
ものすごい勢いでその光のトンネルを飛んでる
しばらく飛んでいると徐々に減速して
目の前にカメラのシャッターのような丸い窓が現れて開く
丸い窓の向こうには見知らぬ世界が広がっている
次の瞬間、窓の向こうの世界に入り込む
巨大な樹が立っている
なんて立派な美しい樹だろう
なつかしいような心地よい感情が湧いてくる
でも周りを見渡しても何にもない
生き物の気配がない
美しいのになんだか変な世界
光と闇の狭間
しばらくボ~ッとしていたら
人影が現れる
地底人!?
お話しようと追いかけたけど
あっという間に姿が見えなくなってしまいました
・・・・・・
時々違う世界へ旅行しています
自分の意思で行くというより、連れて行かれるという感じ
意味がよくわからないことが多いのですが
ああ楽しかった・・・という感覚です
[PR]
# by terra97 | 2009-06-13 22:11 | ひとり言 | Comments(0)
ついつい光を求めてしまう
その先は炎の中なのに・・・
闇の中でもがき苦しんでいるとき
ついつい誰かのせいにしたり、何かのせいにしたり
この辛さから救ってくれる光を求めてしまう
手っ取り早くこの辛さから逃れる方法を求めてしまう
辛いとき、しんどい時
それは成長できる時、ステップアップする前兆
乗り越えられるから与えられた闇
今目の前で起こっている闇の中に魂の輝きを導き出すギフトが秘められている
生きているということは成長できるということ
闇の中に隠された
宝探しゲームのよう
闇の中から私が受け取れる宝の箱を探し当てたとき
そこから光があふれ出す
この闇から抜け出す1番早い方法は逃げることじゃなくて
闇と向き合うことだった
でもね
私も闇にどっぷり浸かっていたときは
成長だとか学びだとかギフトだとか
そんなことはきれいごとにしか聞こえなかった
手離せっていわれたって
今までずっとそうやって生きてきたんだもん
簡単に手離せるわけない
喜びや自由を拘束している鎧が同時に自分を守って支えてくれていた
その存在を手離すのだから
恐れや不安が伴うのは健全なこと
ましてや自分のいる場所が闇だと認識していなければ
(何かが違うと感じてはいるけれど)
ここが闇である(本来の自分の喜びの姿ではない)ことに気付かされるのは
恐ろしいこと
気付かなければ良かったと思うほど
理屈ではない深い恐れの谷に突き落とされる・・・

そんな私を救ってくれたのは日常を忘れてエスケープできる甘えさせてくれる空間だった
だからやっぱりアロマトリートメントはやめられない
辛いときは依存したっていいじゃない
誰かのせいにして自分を正当化したり
誰かに真実をあずけたくなるときだってある
エナジュティックアロマトリートメントは
心や体の痛みを癒すトリートメント
受け入れるとか気付きとか学びとか成長とか・・・そんなのいらない
ただ癒されたい・・・
日常を忘れて楽になりたい
楽になってはじめて体の内側から勝手にムクムクと湧いてくるものがある
生きているってそういうこと
私たちは輝くために生きている
でも輝くことを恐れてしまう・・・

誰かに対して感じたネガティブな感情や言葉は自分自身に訴えていることだったりする
相手のきつい言葉に怒りの言葉を返した私の心は
「もうこれ以上私を傷つけないで・・・」と訴えていた
怒りの感情の裏には無自覚の恐れが存在していた
「もうこれ以上傷つきたくない」
この人がいるせいで私は傷付けられる・・・
この人のせいで辛い思いをさせられていると思っていた
でも本当は
私の心が本当に訴えていたのは自分自身に対してだった
自分で自分を傷つけていたことにやっと気付きはじめた
私は私にもうこれ以上自分を傷つけないでと訴え続けていた
誰かの言葉や行動を借りて
そう、闇は自分が自分のために作り出しているもの
魂が望んで起こしているもの
心の奥底で気付いて欲しい、手離したいと願っていること
手離したところから、喜びと自由があふれ出す
成長するって面白い
見えなかったものが見えるようになる
聞こえなかったものが聞こえるようになる
私たちの5感は無限の扉
だから
何度も転びながらもう少し進んでみようと思う
誰のためでもない
私のために
そして
私は私の真実を探求する
それを
みんなに伝えたいと思う
同じように真実への道を歩んでいる
かけがえのない
この人生で出会えた人達に
喜びも苦しみも共に感じながら
右の頬を殴られたら、左の頬も差し出そう
その人がその人になってゆく美しさ
それが私の喜び
[PR]
# by terra97 | 2009-06-08 21:25 | ひとり言 | Comments(0)

癒しの香り湯

ヒマラヤスギ、アトラスシダー、ジュニパー、サンダルウッド、ジャスミン、リトセア、イランイラン、グレープフルーツ・・・
お湯の中に植物の光がキラキラ・・・とひろがって
一呼吸ごとにカラダは香りに溶けて行く
全てを手離し
ただ魂の光だけの私に還る
全てとひとつであることを実感する瞬間
よろこびの光になる

肌寒い季節になると恋しくなる
癒しの香り湯
我が家では岩塩に精油をブレンドしたバスソルトや
重曹とクエン酸にはちみつと精油をブレンドしたバスボムをつくります
子供達と一緒にネリネリする時間は
お部屋の中が心地よい香りでいっぱいに
自然とみんな笑顔になります
[PR]
# by terra97 | 2009-06-04 20:57 | 香りのこと | Comments(0)

何もしない

植物たちは宇宙のにおいをかいでいる・・・
ただ宇宙の叡智を受けとって、光とともに空中へ拡散させる
森のにおいは宇宙の叡智
森の歌声はよろこびにあふれて
光と踊りながら
ただ顕現する
何もしない日
森とひとつになる時間
[PR]
# by terra97 | 2009-06-02 22:01 | ひとり言 | Comments(0)
冷蔵庫を開けるとタウトロッフェンのティトリーバルサムが冷えています
もうすぐ3歳になる息子は蚊に刺されてかゆいと「チートリーチートリー」と叫びながら
冷蔵庫からティトリーバルサムを持ってきます
フタを開けるとまずはクンクン匂いをかいで「いいにおい・・・」とニンマリ笑います
ぷっくりふくれたところにほんの少量をのばします
かゆみが治まって気持ち良さそうな笑顔を見せてくれます
虫刺され以外にもあせも、かぶれ、かゆみ
ころんでスリキズが出来たときにも
ティトリーとラベンダーの爽やかでやさしい香りが癒してくれます

ニキビや吹き出物にはてきめん
アトピー、敏感肌で炎症を起こしているお肌
日に焼けてほってたお肌にも
ほんの少量(米粒量)取り、ティトリーウォーターとまぜてお肌にのせると
気持ちいい・・・
使っているうちに自然ときれいになっていきます

主人は子供の頃からかゆいプツプツができると
ステロイドの軟膏を塗っていたそうですが
今ではお風呂上りにティトリーバルサムとローズウォターのエマルジョンがお気に入りです
私も蚊に刺されるとティトリーバルサムを塗ります
数分後にはかゆみが治まります
とっても優れた殺菌・消炎作用がありますが
精油の殺菌作用は皮膚表面に住んでいる常在菌のバランスを壊しません
誰のお肌の上にも常在菌が住んでいて素肌環境のバランスを保ってくれています
菌達と仲良く共存することは実は健やかで美しく生きるためにとても重要です
強いお薬は常在菌まで殺してしまうので
かえって素肌の自然治癒力を低下させ、トラブルを起こしやすい素肌にしてしまいます
ティトリーバルサムは肌に悪さをする菌だけを殺菌し常在菌のバランスを整えてくれます
使い続けているうちに肌トラブルを起こしにくく、素肌が安定してくるのを感じます

ティトリーバルサムの全成分はティトリーとカレンデュラの太陽抽出ヒマワリ油とみつろう
ティトリー精油とラベンダー精油
原料となる植物はすべてビオダイナミック農法で育てられたもの
厳しい環境で自然界の影響を受けながら、ゆっくり抽出された植物のエキスには
”植物の生きる力”が秘められています
タウトロッフェンの精油の香りはクッキリとしていて透明感がありやさしくてパワフルです
呼吸と一緒に吸い込むたびにカラダの余計な力が解れて行くようです

f0006208_1855770.jpg
[PR]
# by terra97 | 2006-08-05 22:14 | オーガニック | Comments(0)
我が家で愛用しているはみがきこは
重曹とグリセリンと岩塩に精油をブレンドした手づくりです
研磨剤、合成界面活性剤、アルコールフリーの泡が立たないはみがきこです
一般のはみがきこと言えば虫歯予防とか、歯石・歯槽膿漏を防ぐとか
いろいろな化学物質のオンパレードですが
そんなの必要なかった・・・目から鱗です
重曹とグリセリンと岩塩に精油をブレンドして
よ~く煉ればできあがり♪
磨きあがりの歯はツルツル
舌のこけもつきにくくなり
歯茎がしっかりして、ピンク色に
口内炎が出来にくくなったり
舌がただれてちっとも直らなかった友人は
このはみがきこを使い始めたら直ってしまいました
きっとお口の中の常在菌のバランスが整って
免疫力が高まったからではないかと思います
お水に溶かして洗口剤としても活用できます
お口の中は皮膚以上に化学物質の吸収率が高い場所
毎日使うはみがきこに含まれる化学物質がじわじわと体内に蓄積されていきます
妊娠中は一般のはみがきこを使うと気分が悪くなってしまいます
きっと体が拒絶反応を起こすのですね
泡が出ないのではじめはちょっぴり物足りないように感じるかもしれませんが
慣れるとその心地よさにはまってしまいます
お口の中に広がるミントの香りがストレスをリフレッシュします
我が家のはみがきこの精油レシピをご紹介します
・ペパーミント
・アルベンシスミント
・グレープフルーツ
・ディル
・ティートリー
(ディルの代わりにフェンネルにしたり、クローブにしたり、
風邪がはやる季節には免疫力アップのラベンサラを加えます)
*それぞれの精油の効能が知りたい方はコメントをどうぞ
[PR]
# by terra97 | 2006-07-17 08:58 | オーガニック | Comments(0)
クレイで洗う素肌の感触を味わったらきっと皆さんも虜になってしまうことでしょう
洗い上がりの素肌はスッキリしてしっとりつるつる
しかも柔らかくて透明感が・・・
全身が赤ちゃんのホッペみたいな素肌に生まれ変わるうれしさです

モロッコ山脈の1100万年前の粘土をお日様に当てて
太陽エネルギーでミネラル成分を活性化させるそうです
クレイのイオン交換力が素肌表面の汚れや古い角質をしっかり吸着して洗浄
たっぷりと含まれた天然のミネラル成分がお肌をつるつるに整えてくれます
PHは健康な素肌と同じ弱酸性なのでアレルギーや敏感肌にもやさしい
使っているうちに皮脂腺の働きが正常に整い
毛穴のつまりや乾燥が気にならなくなります

これだけのうれしさなのに
100%ノンケミカル!
洗浄剤に当たり前のように入っている
合成界面活性剤、乳化剤、色素、香料、保存料、酸化防止剤・・・
何も添加されていません
ただの泥がこんなに気持ちいいなんて
洗い流したクレイは100%生分解されます

我が家はみんなお顔も体もクレイで洗います
2歳の長男のお肌もしっとりモチモチ
オムツかぶれだってあせもだってしみないから
大好き!
私はアーモンドミール入りのクレイで洗顔します
毛穴の黒ずみやザラツキがなくなってツルツルです
クレイとアーモンドにこんな魔法が秘められていたなんて!!という感じです
白い泡の洗顔をクレイに変えただけで
毛穴の開きや目元の小じわがなくなって肌理が整ってくる
鏡を見るのが楽しい今日この頃です


f0006208_9505444.jpg
[PR]
# by terra97 | 2006-07-09 19:30 | オーガニック | Comments(0)
手のひらでお顔にたっぷりたっぷりふくませる
セダーアップのローズ水はやさしくてやわらかい
細胞がうるおっていくのを感じながら
「ふ〜っ」心地よさのため息と一緒にカラダの余計な力も抜けていく
素肌が喜ぶしあわせのひととき・・・
ほんのりと残るローズの香りにうっとりとココロも癒されます


ローズ水は薔薇が根から吸い上げた水と風と太陽の光から光合成をして作り出した
天然の精油がほんのり溶け込んだお水です
ローズの精油の主要成分であるゲラニオールやシトロネロールは
比較的水に溶けやすいためローズ水の中にもたっぷり含まれ
ローズのふくよかな香りをつくっています
しかもお肌をやわらかくふわふわにしたり(皮膚弾力回復作用)
皮膚表面の雑菌の繁殖を防いだり(抗菌作用)
毛穴をキュッと引き締めたり(収斂作用)
健やかで美しい素肌を保つためにうれしい効能がたくさん秘められています
ただし自然の植物がつくる香りですから毎年天候によって出来は左右されるため
毎回抽出するたびに香りは微妙に異なります
合成の香料を加えればいつでもおんなじ香りに出来るけど
お肌にもカラダにも毒になってしまいます
多少香りのバラつきが出ても素肌にとっていいものを追求する
セダーアップの姿勢に大賛成です


我が家では夫も2歳の長男もそろってローズ水を愛用しています
2人ともお肌が敏感でちょっとした体調不良や変なものに触ったりすると
ぷつぷつかゆかゆが出来て大変なことになってしまいます
そんなときもローズ水をたっぷりつけるとかゆみが落ち着いてつるつるに
そのたびにやっぱりすごい!!と感動します
TERRAのフェイシャルエステでもセダーアップのローズ水をたっぷりと使っています
トラブルを抱えたお肌に毎日たっぷりとローズ水をふくませると
硬く強張って毛穴が開いていたお肌が
柔らかくふわふわっと毛穴が目立たなくなっていくのがわかります
素肌が本来の健やかな状態を取り戻していくようです


自然がつくるものにはストレスを癒す
やさしさとエネルギーに満ちた魔法が秘められているようです
手の中で素肌が健やかに美しさを取り戻していくのを感じるのはとても楽しいです


f0006208_2125236.jpg
[PR]
# by terra97 | 2005-11-28 11:00 | オーガニック | Comments(0)